透析とは

  • HOME »
  • 透析とは

透析について

腎臓がうまく働かなくなった患者様の為に腎臓の機能の一部を手伝うのが透析です。
あくまでも機能の一部を補うものであり、完全に補うことはできません。

 

具体的にどのように行われるか

血液ポンプを回し、患者様の血液を取り出します。
取り出した血液がダイアライザと呼ばれる人工腎臓の中を通って、血液中の余分な水分や毒素・老廃物などを除去し、浄化されてきれいになった血液を患者様に返します。
このようにして、透析は行われています。
また、血液透析は一般的に週に3回、1回あたり4~5時間程度行います。
この4~5時間の間で、余分な水分や毒素・老廃物などを除去し、酸塩平衡を是正します。
短時間の間にこれらを行うため、患者様には大きな負担がかかります。

 

透析に大切なもの

シャント

透析を行うためには、持続的かつ沢山の血液を取り出す必要があります。
このため、動脈と静脈をつなぎ合わせて血液の取り出し口となるシャントをつくります。
このシャントに穿刺をすることで、血液を取り出し、きれいな血液を返します。
シャントは透析患者様にとって命綱であり、とても大切なものです。
シャントには色々な種類があり、まず第一に選択されるのが「内シャント」です。
「内シャント」とは、自分の血管で作るシャントの事です。
自分の血管で作るシャントは、開存率が高く感染に対しても強いとされています。
次に、自分の血管でのシャント作成が困難なときに選択されるのが、「人工血管」です。
「人工血管」とは、自分の血管ではなく人工的に作られた血管の事です。
この「人工血管」を移植して、シャントとして利用します。
他にも「動脈表存化」や「長期留置カテーテル」を選択する場合があります。

 

シャントを守るために気を付けてほしいこと

シャント側の腕で、重いものを持ったり、血圧の測定はしない。(腕時計も避けてください。)
また、痒くても強くかきむしったりはしない。

 

PTA(経皮的血管拡張術)

「シャント」は閉塞や狭窄をする場合があり、透析ができなくなったり時間が掛かるようになったりします。
その場合、シャントを拡張するPTAを行います。
血管にバルーンカテーテルを挿入し、狭くなっている部分でバルーンを膨らませ、血管を広げます。
※上記の「シャント造設」や、「PTA」は当院でも行っております。

 

ダイアライザ(人工腎臓)

ダイアライザとは、血液と透析液との物質交換をする場所で、血液中の余分な水分や老廃物を除去します。
ダイアライザは、筒のようなケースに人工の膜でできたストロー状の細い管が1~2万本束ねれられてはいっています。
この人工膜が我々の腎臓の糸球体というものに、よく似た働きをしてくれます。
この細い管の内側を血液が流れ、外側には透析液が流れます。
人工膜を介して体に「必要なもの」と「要らないも」を「拡散とろ過の原理」によって血液の浄化を行っています。

TEL 029-831-9711 受付時間 8:30 - 17:30(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 神立病院 透析センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.