MRI検査について

 

検査を受けることができない方

装置により大変強い磁場の中に身を置くことになる為、装着金属によっては検査をいたしかねます。

・心臓ペースメーカーを埋め込まれている方

・人工内耳、人工耳小骨をご使用されている方

・神経刺激装置 ( 深部脳刺激装置、TENS装置 ) をご使用されている方

・除細動装置をご使用されている方

・V—Pシャントをご使用されている方

・骨成長刺激装置・注入ポンプ 等・磁力により装着する義眼や磁力部分が着脱不能な義歯を装着されている方

・冠状動脈等に磁性体のステント挿入後2ヶ月未満の方

 

検査を受けることができない場合がある方 ※ 担当医にご相談下さい。

・脳動脈瘤手術による金属クリップやコイル 等を埋め込まれている方

・金属の材質が不明の場合

・その他金属が体内にある方

・眼などの外傷に鉄粉 ( 弾丸や鉄片 ) が残存する方、半年以内に胃カメラ、大腸カメラを行い止血用

クリップを使用した方

・刺青のある方 ( 刺青によって火傷を負ったり絵が崩れる可能性があります。 )

・妊娠中、または妊娠の可能性のある方

( 胎児に対するMRI検査の安全性は確立されていません。

原則、妊娠中の方は検査をいたしかねます。※ 特に妊娠3ヶ月の方の検査は慎重になる必要があります。 )

 

検査前の食事について

下記の検査においては、検査3時間前から食事はお控えください。

ただし水分の摂取は制限ありません。

【 腹部 ( 肝臓・膵臓・胆嚢 等 ) 、乳房 】

 

検査を受けるにあたっての注意事項

・長時間の一定姿勢保持をしなければなりません。

( 撮像時間が長いため検査中に痛みなどで動いてしまうと写真がぶれてしまいます。

比較的楽な姿勢で検査を行えるようには致しますが、それでもなお一定の姿勢を保てない方は場合により

検査を中止することがあります。 )

・骨盤部 ( 子宮・卵巣・膀胱・前立腺 ) の検査を受ける場合は検査予定時間の30分前より排尿しない

でください。

 

その他注意事項

・検査室内に補聴器、装飾品、腕時計、磁気カード、電子機器等を持ち込むと故障及びデータが消失します。

・入れ歯、使い捨てカイロ、エレキバン、ベルト 等は火傷や画像の乱れを引き起こす可能性がありますので取り外して頂きます。

・アイライン、マスカラ 等は火傷を発症する事例があるため、検査前に落として頂く場合があります。 ( 酸化鉄などの成分が含まれている場合 )

・湿布薬、ニトロダーム ( ニトログリセリン、真皮浸透絆創膏 ) 、ニコチンパッチは電流が流れる場合がありますので外して頂きます。

・カラーコンタクトは原則取り外して頂きます。

 

各用紙ダウンロード

同意書・問診票・依頼書のダウンロード → MRI同意書・問診票・依頼書

 

MRIのオーダー一覧はこちらよりご確認いただけます。→ MRIオーダー一覧

( 依頼書の書き方例 ) ※ クリックで拡大