集合写真

 

代表挨拶

看護師長 谷津加代子

回復期リハビリテーション病棟では、医師・看護師・介護士・リハビリスタッフ・栄養士・薬剤師・医療相談員等の多職種が1つのチームとなり、それぞれの専門性を発揮し歩行能力の向上や高次脳機能障害・認知症に対応しながら、日常生活動作を身につける為の支援を行っています。

日々のカンファレンスを通し、毎日の離床や患者様個々に対応した生活プログラムの提供、担当看護師による家屋調査の同行など、退院後の生活状況を見据えたアプローチをし、退院後には生活状況の確認なども行なっています。

患者様、ご家族様が望んでいる生活に近づけるよう、退院された後も笑顔で快適な日常生活が送れるよう、スタッフ一丸となり支援させて頂いています。